ソート & フィルター
ホーム レインウェア
見る12243648
ホーム レインウェア

レインウェア

脅威の耐水圧とストレッチ性を兼ね備えた高機能ウェア!某ワークブランドの商品とは違いつっぱりがなく、裏地メッシュ仕様でいつでもどこでも快適ウェア。

レインウェアのFAQ~レインウェア~の疑問に答えます

レインコートやレインポンチョなど、雨などの天候が悪い時に着用するウェアのことです。その機能性は日常的に使えるものから本格的に山に登るために着用されるレベルのものなど、様々です。基本的に「防水」や「耐水」、「撥水」、「透湿」などの性能が優れているのが特徴です。ジャケット型やプルオーバー型、フード着脱可能型など、形も豊富にご用意しております。使用するシーンに合わせて適切なウェアを購入しましょう。

レインウェアにとって最も大切と言えるのは「耐水圧」です。

水が染み込んできてしまってはレインウェアの意味がありません。

JIS規格(日本工業規格)では、耐水圧2,000mm以上がレインウェアと認定されています。

しかしnamelessageのレインウェアは、全てその10倍である20,000mm以上の耐水圧を誇ります。

 

一般的な目安として

耐水圧300mm・・・小雨に耐えられる

耐水圧2,000mm・・・中雨に耐えられる

耐水圧10,000mm・・・大雨に耐えられる

耐水圧20,000mm・・・嵐レベルに耐えられる

 

とされているので、namelessageのレインウェアはほとんどの雨に耐えることができ安心です。

通勤・通学で服が濡れてしまう憂鬱から身を守ってくれます。レインポンチョは全身を覆ってくれて安全に自転車を運転できます。また、レインスカートもすぐ着用・着脱できておすすめです。

どのレインウェアも共通して、サッと羽織ることができ、コンパクトに収納可能。ベーシックなカラーや可愛いカラーも豊富ですので、ファッションとして身につけるのも申し分ないです。雨の日のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ランニングやゴルフなど、スポーツは天気に左右されずに楽しみたいですよね。そんな時レインウェアならば雨を気にすることなく安心してスポーツを楽しむことができます。また、ストレッチ性が高く動きやすい上に、通気性・透湿性の優れたウェアが多いため、夏でも蒸れにくい設計です。

キャンプや釣りなどのアウトドアでは天候が不安定なことがあります。突然の雨にも、耐水性がしっかりしたレインウェアがあれば慌てることもなく、おすすめです。快適なアウトドアシーンを演出します。

野外音楽フェスは雨天決行なことがほとんどです。山の近くで開催されることも多く、天候が崩れやすいため、急な土砂降りにも対応できるレインウェアを持って行くことをおすすめします。特にレインポンチョはサッと羽織れば全身をカバーできるので、楽々雨対策ができます。